育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

育毛成功のための睡眠の取り方

薄毛の原因は生活習慣によるところが非常に大きいものです。その中でも睡眠不足というのは薄毛の原因としてはかなりの割合を占めると実感しています。

まず第一に、睡眠不足は血行を悪くします。その結果、髪の毛に必要な栄養分を頭皮に行き渡りにくくし薄毛を招く恐れがあります。

発毛促進のメカニズム

これが発毛促進のメカニズムですが、血行が悪くなると、毛乳頭に向けて栄養や酵素が流れにくくなる訳ですから、理論的にやはり薄毛になるのです。

睡眠の大切さは、それこそ美容に関してもスポーツに関しても言われていますから、当然育毛についても重要であることは容易に想像が付きます。

ここでしっかりと睡眠について学び、質の高い睡眠をする努力を始めましょう。

育毛に効果的な良質な睡眠について

良質な睡眠というのは初めに言っておきますが、長い時間寝られればもちろん良質な睡眠に近づく割合は高まりますが、それだけが全てではありません。

ですから、仕事が忙しく長間睡眠が取れない方でも大丈夫です。聞いた事があるかと思いますが、睡眠には深さという概念があり、それはレム睡眠、ノンレム睡眠に区別されています。

夢を見る状態の睡眠は浅い眠=レム睡眠、というのは確か学校で習いますから、皆さんご存知だと思います。

レム睡眠とノンレム睡眠の周期

重要なのは、ノンレム睡眠での睡眠をいかに確保するか?です。実は、レム睡眠のような浅い状態の睡眠をいくら続けても、育毛には効果をほとんど発揮しません。

睡眠の深さ=睡眠の質

という事が言えると思います。そしてなるべくなら、質の高い睡眠が長い程良い、というわけです。長い時間確保できない人は、短くても質に拘れば育毛にとって良い睡眠が出来るのです。

成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯に寝る

そして理想的な話をすれば、育毛で重要な役割を果たす、成長ホルモンが分泌されやすい時間帯を挟んで寝ることが最も良いでしょう。

その時間帯というのがが、夜の10時~2時までの間です。これは美容業界ではお肌のゴールデンタイムと言われていて、最もお肌にとっては重要な時間帯なのです。

この時間帯には、前述した成長ホルモンが分泌されたり、疲れたお肌、痛んだお肌の修復をしてくれる物質が多量に分泌される時間帯でもあるのです。

これはそのまま育毛についても言える事で、毛髪の成長を促進する物質が分泌されているという事です。つまりは育毛のゴールデンタイムでもある訳です。

まとめますと、

22:00~2:00の時間を挟んだ6時間程度の熟睡

これが、最も育毛については理想的な睡眠だと言えます。10時というのは、社会人にとってはかなり早い時間帯ですが、『ちょっと頑張れば出来そう。』と言う方はぜひこの時間帯に睡眠を取ってみましょう。

また熟睡についてですが、これは育毛漢の経験上、事前準備が結構ものを言います。

しっかりシャンプーをして乾かし、育毛剤を塗布した後、ストレッチを行い、しっかり床につくという意識を持って睡眠に入ると、熟睡の割合は増えます。

なんとなく布団に入って、気がついたら寝てたとかではなく、なんと言いますか、しっかりと気持ちを整えるのです。

コツは、眠さの限界まで起きているのではなく、『そろそろ眠れそうかな?』と、ちょっとでも意識が寝ることに向かったら、その時点で布団に入り、目を閉じてしまうのです。

これは結構効果があると思います。試してみて下さい。また、育毛漢は枕にも拘っています。枕屋さんで自分の首の高さなどを測定してもらって、オリジナルの枕を作って、それを使っています。

色々工夫すれば、自分なりの熟睡方法は必ず見つかります。これも努力が多少なりとも必要なので、自分に甘えず頑張りましょう。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ