育毛漢 ~魂のMENU~

育毛豆知識

成人男性における発症率No.1の脱毛症状とは?

成人男性が発症する脱毛の原因の、実に95%以上であると言われるほど、その割合を占めているのが男性型脱毛症AGA)です。

いわゆる「若はげ」と言われる、20歳から30代から徐々に進行していく症状、それ以後に発症するハゲの症状全般を指します。

症状を細かく言えば、頭髪が額の生え際から薄くなる場合もあれば、頭のてっぺん…頭頂部のから薄くなる場合もあります。

脱毛の進行状況を客観的に捉えられますか?

参照元…N-H分類(ハミルトン-ノーウッド分類)

そして脱毛した部分については、産毛や細い毛が残っている場合もありますが、進行が進むと完全に毛を失う事になってしまいます。

そのために、脱毛の症状が見られた段階で直ぐにケアをする必要があります。

この症状は、男性だけではなく女性でも見られることがありますが、圧倒的少数になります。

男性型脱毛症(AGA)の仕組み

この症状は、男性ホルモン中のテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きによりデヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換され、このホルモンが脱毛を引き起こすと言われています。

DHTは女性の体内でも生成されるのですが、女性の場合はエストロゲンとプロゲステロンという物質が、DHTが毛根を破壊するのを保護するので、そのため、男性型脱毛症(AGA)という名称になっているのです。

ただし、このエストロゲンレベルは加齢により減少するため、女性でも稀にAGAが原因の脱毛が起こるようになるのです。

このような現状から、最近の育毛剤や育毛サプリメントはAGA対策が中心の、つまり、DHTや5αリダクターゼの抑制を目的とする育毛剤が多く開発されています。

例えば有名なプロペシアに関しては、皮膚科のAGA治療において処方されている錠剤です。因みに医薬品という分類になるので、多少の副作用の可能性もあります。

また、プロペシアを服用する場合、簡単に海外のネットで手に入るからと言って安易に考えるのではなく、医師の診察のもとに服用したほうが良いと思います。

育毛漢が現在使用中の育毛3大アイテム(2015年版)

育毛剤
CHAP UP - チャップアップ
育毛サプリメント
ダブルインパクト
育毛シャンプー
毛髪大作戦 GPアロマシャンプー
ページの先頭へ
ページの先頭へ
HOMEへ